言葉にしないと伝わらない。文字にしないと残らない。

最初のエレキギターにおすすめ!ヤマハ・パシフィカの評判と1年使用レビュー

f:id:Ziddorie:20180114234605j:plain

最初のギターはとにかくシンプルなものを選ぼう!

ヤマハパシフィカ

パシフィカとはヤマハが製造・販売しているエレキギターです。特徴はとにかくシンプルで使いやすいってところです。とんがった特徴はなく、色んな音楽をそつなくこなせるエレキギターを手頃な値段で販売しようとしたヤマハの意欲作です。

私がギターを始めようと思ったときにいろいろ探し回りましたが、ほとんど悪評らしい悪評が見つからなかったこのギターを手にとってそろそろ1年。いろいろ触ってみてよかったところ、良くなかったところを紹介していきます。

 

パシフィカの良かったところ

1本めのギターなので音がいいとか、演奏しやすいとかは評価しにくいのですが、安物のギターにありがちなフレットが指にこすれるとか、チューニングがよく狂うなんてことはありませんでした。

特にフレット周りはよく処理されていて、左手をスライドさせても、ガリッとなることは一度もありませんでした。よく見てみると斜めにバリ取りがされている丁寧な仕上げになっています。

f:id:Ziddorie:20190407212211j:plain

旅行や帰省で1週間ほど触っていなくても、チューニングはほとんど狂いませんでした。オクターブチューニングに関しても全く調整していませんが、バッチリきれいな音がなっています。

次にピックアップですが、シングル・シングル・ハムバッカーという仕様です。

f:id:Ziddorie:20190407212317j:plain

特にハムバッカーはタップコイルを引っ張ることでシングルとしても使えるという凝りようです。最初はピックアップなんてよくわからん…と思っていたのですが、ハムバッカーをシングルにしたときのチャカチャカと鳴る感じで「おぉ、ピックアップだけでもこんなに変わるんだ」ってエレキギターの音作りの最初の一歩を踏み出したように感じました。

シールドの刺さる位置も側面で目立ちません。座って弾くときも存在を忘れてしまうくらい邪魔にならなくていいですね。

 

パシフィカの残念だったところ

1本目のギターと言うだけあって、ここが不満とかはピンとこないのですが、若干の変色が気になります。特にハイフレットのあたりは手によく触れるので若干黄色くなってきたような気がします。

f:id:Ziddorie:20190407212559j:plain

それが味だといえば味なのですが、段々と変色していくくらいなら最初から塗装されていたものを買ったほうが良かったかなとも思います。

見た目でもう一つ言うと、木目が気に入ったので購入したのですが、よくよく見ると4ピースの合板でした。

f:id:Ziddorie:20190407212425j:plain

3万円のギターに木目なんて何を求めているのかって言われそうですが、これなら塗装がされたバージョンのほうが良かったかもしれません。手汗も染み込まないでしょうし。またネックとボディーの間が目立ち、ちょっと作りが荒いところはあります。

f:id:Ziddorie:20190407212800j:plain

あと、非常に細かいところなのですが、ピックアップ周りの彫り込みが深いのでホコリが溜まりやすく思います。そんな時はこのブラシで綺麗にしてあげないといけないのですが、それまでは結構汚れていました。

f:id:Ziddorie:20190407212718j:plain

技術的なことを言うと、パシフィカは22フレットなのでダウンチューニングすると音が足りなくなりがちです。初心者にはそんなことはほぼ無縁ですが。

 

低価格でそこそこ高品質

パシフィカは3万円とギターとしては手頃な価格ですので1本目のエレキギターとしてピッタリです。全体の作りの感想として多少のあらは目立つが、演奏性に関するところの作り込みは非常に丁寧ってところです。

特にフレット周りはきれいに処理されていて指の引っ掛かりなどはありません。フレットワイヤも斜めに処理されていて、非常に丁寧な作りです。

ネックとボディーの接合部のことを話しましたが、演奏する分には全く気になりませんし、近くで見ないとわかりません。音の伸びは悪くなるかもしれませんが…

すでにギターを何本も持っている人でも、気軽にそこそこ弾けるギターがほしいってことでパシフィカを購入する人もいるくらいです。最初のギターに国産メーカーのヤマハ・パシフィカはいかがでしょうか?