言葉にしないと伝わらない。文字にしないと残らない。

仕事でもプライベートでも使える高機能なおすすめビジネスリュック6選!

f:id:Ziddorie:20191014000611j:plain

オンでもオフでも使えるバッグがほしい!

スーツにリュックでもいいじゃない

仕事でもプライベートでも使えるバックパックを探しています。仕事でも使えるという所が重要で、あまり派手すぎない、落ち着いた色と形のものがいいです。

 

特にわたしが会社帰りにジムだったり、ボルダリングに行ったりするので、どうしても荷物が多くなりがちです。

そういった場面でブリーフケース+ボストンバッグなどだと、どうしても荷物が実際以上に多く感じてしまいます。

 

会社も必ずブリーフケースでなければダメ!というわけでもないので、いっその事バックパックにしちゃおう!というわけです。

仕事でも休みでも使えるということで、スペックにはこだわりました。わたしが求めたスペックはこちら。

  • 容量は20~30L程度
  • PCスリーブあり
  • ポケットはたくさんあってほしい
  • 色は黒・グレー
  • ビジカジに合わせてもあんまり浮かない
  • 他人と被らない、被りにくい
  • お値段2万円くらい

これらの条件に合致しそうなものを先に調べて実際にお店で確認することにしました。調べた候補がこちら。

アークテリクス アロー

  • 実売価格:2万円前後
  • 15インチまでのPCスリーブあり
  • 容量22リットル
  • ポケット:少なめ
  • 使っている人:街に行けば見る

定番of定番s。

 

街を歩いて見かけない日のほうが少ないというバックパック。

会社でもこのバッグを使っている人を見かけます。とにかくよく被りそう…

 

容量はやや少なめで、使ってみると思ったより荷物が入らないとのこと。わたしのように荷物がジムをはしごする人にとっては容量が足りないかも。

 

バッグ本体の形もかなりアウトドアよりなので、今回は見送ることにしました。

マムート セオン

  • 実売価格:1.5万円前後
  • PCスリーブとタブレットスリーブあり
  • 容量26リットル
  • ポケット:豊富
  • 使っている人:半年に一回見るかどうか

かなり理想に近いバッグでした。

 

長方形のカチッとした形もいいですね。実際に手にとってみたのですが、作りも良かったです。

ジム向けと仕事用の区切りがついていて、荷物がカバンの中でごちゃごちゃになることもなさそうです。クライミングシューズ入れもついていました。

f:id:Ziddorie:20191013231108j:plain

Image:amazonより

ただし容量が28リットルと言う割には、かなり少なく感じます。

率直な感想で「本当に28リットルも入るの?」と心配になるくらい。

 

カバンの作りが薄めなので、厚みのある荷物を詰め込むのには向いていないように感じました。

ザ・ノース・フェイス kaban

  • 実売価格:2万円前後
  • PCスリーブあり
  • 容量26リットル
  • ポケット:小さいポケットが豊富
  • 使っている人:ほぼ見ないけど、ごく身近に使っている人がいた

ノースフェイスの四角いビジネスバッグをよく見ます。

 

あの形のバッグは荷物が少ないときに型くずれしてしまうのが難点なのですが、こちらは大丈夫そうです。

コロンとした形が可愛らしく、ポケットもたくさん。

独立したPCスリーブもあり、やや小型なものの、バッグ本体もガバっと大きく開く作りになっています。

 

ほぼ理想形で「これを買おう!」と思っていたのですが、会社の同じ部署にまさしく同じバッグを使用している人がいたので、テンションダダ下がり。

そういうわけで、結局見送りました。

 

なお、現在は在庫のみの生産中止になっているようです。

これからレアになるかも…

ミステリーランチ アーバンアサルト

  • 実売価格:1万円前後
  • PCスリーブ:2019年モデルからあり
  • 容量:21リットル
  • ポケット:少なめ
  • 使っている人:1週間に一度見るかどうか

とにかくタフな現場で使われるこのバッグ。

 

新型になってPCスリーブが付きました。容量が21リットルと小ぶりで、ポケットが少ないのが難点。

 

プロ仕様でとにかく頑丈な作りになっていて、長く使えそうです。

ジッパーが丈夫過ぎてやや動きが固く感じるかも…

 

ただ、あまりに無骨なデザインなので、ビジカジに合わせるのはちょっとミスマッチかもしれません。


特徴のある3ジップは荷物を沢山詰め込むのには便利そうですが、電車の中で荷物をちょこっと取り出す…という場面には向かないかもしれません。

アークテリクス ブレード

  • 実売価格:2万円前後
  • PCスリーブ:あり
  • 容量:28リットル
  • ポケット:たくさん
  • 使っている人:数週間に一度見るかどうか

亀の甲羅のようなデザインのリュック。

 

このミニマルなデザインならスーツにも合わせやすいでしょう。

やや重たく、お値段も高いですが、質感は十分。

 

ただやはり、荷物がたくさん入らなさそうなのが気になります。

スペック上では十分な容量っぽいのですが…

 

シャツやタオルなどを畳んで入れるのには向きそうですが、チョークバッグなんかの厚みのある荷物を収納するのは無理と考えたほうがいいでしょう。

ブラックダイアモンド Creek Mandate 28

  • 実売価格:1.5万円前後
  • PCスリーブ:あり
  • 容量:28リットル
  • ポケット:たくさん
  • 使っている人:みたことない

台形のシンプルな形にたくさんのポケット。

 

容量もたっぷりあります。2kg弱という重さがすごく気になりますが、ほぼ理想形のバッグです。

背面が横開きタイプになっており、大容量のメインコンパートメントがガバッと全開になります。

 

小物を収納するフロントと上部にポケットがあるので、財布やスマホにも簡単にアクセスできそうです。

巡ったお店

バッグの候補を実際にチェックするためにお店を回りました。御茶ノ水と上野周辺です。特に品揃えが良かったのがICI石井スポーツ 登山本店です。

www.ici-sports.com

ビジネスリュックコーナーが用意されており、あれこれ背負って試すことができました。

ここで試せなかったのはアーバンアサルトくらいでした。

ここで紹介しなかったバッグもたくさんありました。

 

次に向かったのがエルブレス お茶の水店です。

www.victoria.co.jp

こちらもバックパックコーナーが充実しており、ミステリーランチとアローもおいていました。他にもChromeなども展示していました。

 

最後にとらやスポーツに向かいました。

blogs.yahoo.co.jp

キーボードのお店に行くついでによったのですが、小さめのお店にもかかわらず、壁一面にバックパックが並んでおり、展示状況も非常に清潔。

バッグのハンドル部分がエアパッキン保護されており、商品が丁寧に扱われていました。


この3つのお店でここで紹介したすべてのバッグを実際に触ることができました。

買ったバッグは…

3時間ほどのお店めぐり、購入したのはブラックダイヤモンドのクリークマンデートでした!

 

f:id:Ziddorie:20191013235639j:plain

重量が気になっていたのですが、実際に背負ってみると重さをほとんど感じず、ハンドルも上部と側面に配されており、取り回しも楽ちん。

ポケットがたくさんついていて、大容量も気に入っています。

 

気になるのが耐久性。作りはいいのですが、ショルダーハーネスががペラペラでウレタンも薄くてすぐにへたりそうです。

 

一番気になるのが柔らかいゴム製のバックパネル。

ICI石井スポーツに展示されていたバッグは、このバックパネルが傷んでいて、購入を見送っていたのです。

尖ったものが当たると簡単に傷が入りそうで丁寧に使わないとダメそうです。

 

いろいろ調べたり、歩きまわったりで疲れましtが、理想に近いバッグを購入することができてとても満足しています。

 

今回紹介したバッグ候補がビジネスバッグの購入の助けになれば幸いです。