NENZOP

言葉にしないと伝わらない。文字にしないと残らない。

【音楽レビュー】OK Go:OK Go

Sponsored Link

f:id:Ziddorie:20180203163921j:plain

出発点に忠実

OK Go(2002)

パンジーが可愛いジャケット。歌詞カードには楽しい仕掛け付き。

OK Goの記念すべき1stアルバムである”OK Go”。ライブでもよくやるGet Over itから始まる幸せを感じさせる雰囲気とマイナーな気分が同居した清濁併せ持つアルバム。曲調は底抜けに明るいのに、どこか仄暗さを感じさせるのがこのバンドの特徴。

 

OK Goと言えばトレッドミルの上で軽妙なダンスを行うPVが有名ですが、この頃のOK Goはまだそんな金銭的余裕もなくて、低予算チックなPVが多いです。もちろんトレッドミルのPVもまだまだ低予算でしたが…

 

OK Goによる”OK Go”を聞くと彼ら楽曲の原点がここにあるんじゃないか?って感じますね。ポップの中にマイナーあり。最近のOK Goはちょっとシニカルな歌詞とメロディになってきていますが、原点はここにありって感じ。OK Goを聴き始めた人なら最新アルバムでも良いですけど、この1stアルバムからチェックしてみても、そんなに違和感を感じないと思いますよ。

 

収録曲とおすすめ曲

www.youtube.com

近年のネットコラ界隈を彷彿とさせるサムネですが…このOK Go(アルバム名)を代表する楽曲としてはやっぱり”You're Damn Hot”でしょう!なかなかライブではやってくれませんが、シンプルなメロディーと不穏な歌詞。これぞOK Goって感じですね。

 

www.youtube.com

次に”Get Over It”。こちらは最近のライブでもオープニングでやってくれたりする超代表曲です。ライブではコーラスのサビの”Hey!”で一拍ずれるのが初見殺し。PVもなかなか凝ってて今のOK Goへの軌跡を想像させますね。

  1. Get Over It
  2. Don't Ask Me
  3. You're Damn Hot
  4. What to Do
  5. 1000 Miles Per Hour
  6. Shortly Before The End
  7. Return←ベストトラック!
  8. There's A Fire
  9. C-C-C-Cinnamon Lips
  10. The Fix Is In
  11. Hello My Treacherous Friends
  12. Bye Bye Baby

個人的ベストトラックが”Return”です。物悲しいメロディで歌うのは不幸な結末を迎えたことを感じさせる歌詞。多くは語るまい…ベストトラックで死ぬほど迷ったのが"1000 Miles Per Hour"でした。PVはシンプルながら素敵。センス!!

www.youtube.com

There's Fireはベースカバーがすごく楽しくて印象に残っています。

OK GoをAmazon Musicで!

洋楽のラインナップが豊富なAmazon MusicではOK GoはもちろんOk Goの楽曲のほとんどが配信されています。最新作のHungry Ghostだって配信中です。

なにげにOK Goって2003年っていう長いキャリアを経ているんですよね。某ニコニコ動画ではアメリカン人に○○踊らせてみたシリーズで有名になったり、トレッドミルの上で踊ってみたりとネットとの相性がいいのかもしれませんね。

 

今やインディー・ロックとパワー・ポップの中堅として世界中で活躍するOK Goの1stアルバム。最新曲しか知らない人でも十分楽しめるアルバムであること間違いなしですよ!