NENZOP

言葉にしないと伝わらない。文字にしないと残らない。

知らない人は損をする?!簡単で効率の良いお部屋探しの方法

Sponsored Link

f:id:Ziddorie:20160425214119j:plain

新年度が始まって今月から新生活!という方も多い4月。
「そんな時期に引っ越しの記事かよ!」と思われそうですが、一年の中で最も掘り出し物件をゲットしやすいのが4月と5月、10月と11月付近です。
どちらも上半期と下半期の分かれ目で物件が動きやすい時期の直後です。

そんな掘り出し物件ですが、なかなかSuumoなどの不動産情報サイトに上がりにくいです。
上がったとしても一瞬で押さえられてしまい、悔しい思いをすることも…
この記事ではそうならないように効率よく掘り出し物件を探す方法を紹介していきます。

私自身この10年で4回も引っ越しを経験しているのですが、この方法で探したほうが楽ですし、いい物件も紹介してもらえます。

不動産情報サイトでお店のメールアドレスを集める!

タイトルに書いた通り、この方法ではメールで不動産物件を探します。
普通に物件を探すときはSuumoやアットホームなどの不動産情報サイトに行き、希望の条件を入れて、あーでもないこーでもないといいながら好みの物件を探すと思います。
そういう瞬間は楽しいのですが、欲しい物件を他の人に押さえられたら時間の無駄です。

メールを送って不動産物件を探すメリットは自分の代わりににお店の人が物件を探してくれるという点です。
不動産物件をまとめているReinsというデータベースがあり、不動産仲介業者しか見ることが出来ないデータベースです。

ReinsDBは国土交通省が運営しており、不動産業者は物件を紹介されたらこのデータベースに登録することを義務付けられています。
そのため理論上は全ての不動産物件をリストアップしている大きなデータベースです。

もちろん私たちのような不動産業者以外の人間は見ることが出来ませんが、お店の人は普通そのデータベースを検索して物件を探します。
ネットに載る前の情報で自分好みの物件を探しているということなので、結果的に掘り出し物件を紹介してもらいやすくなります。

不動産情報サイトでは自分が住みたいエリアの物件を扱っている不動産業者のメールアドレスを収集します。
20件ほどあればいいのですが、10件くらいでもいいでしょう。

どんなメールを送ればいいの?

メールでの問い合わせは簡単です。
不動産情報サイトで集めたお店のメールアドレスをBCCにして、TOは自分にしておけばいいでしょう。
そしてこのテンプレメールを送ります。

ご担当者様
お世話になります。○○です。
5月に引っ越しを控えており、下記の条件に合う物件を探しています。
条件に合う物件がありましたら、ご紹介いただけますか?
興味のある物件があれば、後日お店に伺わせていただきます。

・最寄り駅:XX線YY駅もしくはZZ駅
・家賃:7万円前後
・入居人数:1名
・入居予定日:5月下旬
・間取り:1Kもしくはワンルーム
・必須条件
 風呂トイレ別
 鉄筋コンクリート造
・希望する条件
 オートロック
 ウォシュレット
 築20年以内の物件
・あったらいいな
 駅から10分以内
 駐輪場あり
・連絡先:example@mail.com

各所自分の好みの条件に書きなおして送ってください。
ここでコツなのですが、必須条件は3つ以下にすることです。
あまりたくさん条件を追加してしまうと紹介してもらえる物件が少なくなってしまいます。
また、家賃の予算も実際より安めに設定しておきましょう。


電話での連絡をしてほしくなければ、連絡先のところに「お電話でのご連絡はご遠慮ください」とでも書いておきましょう。
それでも電話をかけてくる不動産業者はいますが、そういうお店は話を聞かない、メールを最後まで読んでいない可能性が高いので、早めに見切りをつけたほうがいいでしょう。

物件を紹介されたら

10業者くらいメールを出すとかなりの物件を紹介してくれます。
全く的外れの物件情報を紹介してきたお店には

ご担当者様
お世話になっております。○○です。
物件のご紹介、ありがとうございました。
申し訳ありませんが希望の物件がありませんでしたので、今後はご紹介いただかなくて結構です。
ご対応いただき、ありがとうございました。

 とメールを出し、お断りのメールを出して、よさ気な不動産業者を厳選していきます。
あまりズルズルと引き伸ばしておくとお店もいつまでも探さないといけないので、「ここはダメだな」と思ったらさっさと切ってしまいましょう。

好みの物件があれば、この物件に似たものを紹介してください。と添付ファイルに物件情報を添付して返信もしくは転送しましょう。
そうすると更に効率よく物件情報を探すことが出来ます。

お店に行くのは物件が決まってから!

2~3社までお店を絞れたらここでようやくお店に行きます。
お店の人も「この人はこういう物件を探しているんだ」と理解してくれているので、物件の紹介もスムーズに進みます。

お店に行った時は、
「あっちの店ではこういうサービスをしてくれているんですが、ここのお店ではどういうサービスがありますか?」
と聞いてみましょう。
引越し業者の斡旋や家賃交渉や仲介手数料の値引きなどをしてくれるお店もあります。

こういう風にお部屋探しをするとネットに載せていないんですけど…と言って掘り出し物件を紹介してくれることもあります。

お部屋探しはメールで決まり!

4月も過ぎたことだし掘り出し物件でもないかなぁ?と思っている方は、是非メールで物件を探すということを試してみてください。
掘り出し物件にも出会いやすいですし、家賃交渉でも有利にことを運ぶことができますよ。