NENZOP

言葉にしないと伝わらない。文字にしないと残らない。

【音楽レビュー】Orson:Bright Idea

Sponsored Link

f:id:Ziddorie:20180203163921j:plain

邦題ダサすぎ問題。

Bright Idea (2006)

ジャケットはそこそこカッコいいのに、あまりにもクソダサな邦題…

 

誰にだって自分の一時代を代表する音楽ってあると思うんです。私の場合、大学1年生の頃、知らない土地に引っ越した頃にひたすら聞いていたのがこのBright Ideaでした。当時はギターもベースもやっていなかったので聴くだけでしたが、もし当時ギターをやっていたら絶対にカバーしようとしたアルバムでしょう。

 

そのころはまだWeezerなんかを知る前でパワーポップというジャンルを知るきっかけにになりました。激しい曲調なのに悲しい響きがあって、ベースがしっかり鳴っている音楽が好きなんだってのが、はっきりしてきたのがこのアルバムからかもしれません。

 

ちょっと話が違うのかもしれませんが、このアルバムの1曲にRed Bullっていう単語が出てくるんです。2006年当時って日本にはまだRed Bullが浸透していないときで、歌詞カードに「Red Bullとは」っていう解説があったりして時代を感じさせますね…

 

収録曲とおすすめ曲

 

やっぱり"Bright Idea”。そして邦題がクソダサなのもこのBright Idea。確か「ブライト・アイデア☆ひらメキ!」だったかな?えっ?!なにこれ!?だっっっっっっっっっさ!!!!ここまで酷い邦題をつけられるなんて凄いセンスですね。☆入れちゃう所とか、ひらがな・カタカナを無駄に織り込むところとか「!」つけちゃうところとか。腐った邦題ではありますが名曲ではあります。

 

次に”No Tomorrow”。これもクソダサ邦題の餌食になっています。「ノー・トゥモロウ〜不良たちに明日はない」えっ?!なにこれ!?だっっっっっっっっっさ!!!!いい曲が台無しだよ!買うときは絶対輸入盤で買おう!

 

ベースが気持ちい”Tryin' to Help”もおすすめ。スカッと晴れた日にドライブするときに聞きたいような曲だけど、サビがちょっと半音下がっているのが気持ちい。こっちはクソダサ邦題の餌食にもなっていないしね。

  1. Bright Idea
  2. No Tomorrow
  3. Happiness
  4. Already Over
  5. Downtown
  6. Tryin' To Help
  7. So Ahead of Me
  8. Last Night
  9. Look Around
  10. Save The World
  11. The Okay Song

"Already Over"も大好き。失恋ソングなんですけど、「君には驚きかもしれないけど、僕にとっては当然だったよ」っていう歌詞が最高にかっこいい。

 

アルバムを締めくくる重要な曲が”The Okay Song”。この曲に救われること幾度。「外は雨降りでも遊びに出かけてもいいんだよ」っていう優しい歌詞。不安なときに聞くと元気になれる。

 

Bright IdeaをAmazon Musicで!

洋楽のラインナップが豊富なAmazon MusicではOrsonのアルバムは全て配信されています。というのもOrsonはBright IdeaとCulture Vulturesというアルバムをリリースして解散してしまったから。

 

わずか2枚のアルバムをリリースして解散してしまい悲しいですが、粒ぞろいの名曲や優しい曲が詰まったこのアルバム。商業的な成功は収めることはできなかったのかもしれませんが、彼らの出身地のロサンゼルスから遠く離れた太平洋の端っこの大学生の心にはしっかりと刻みつけられました。

 

きっと世の中にはこういった埋もれてしまった名盤はたくさんあるのでしょう。そして誰かの心に刺さっているのでしょう。クソダサい邦題の餌食になってないといいな…