言葉にしないと伝わらない。文字にしないと残らない。

【音楽レビュー】オッドアイ:Okey Dokey Do It

f:id:Ziddorie:20180203163921j:plain

完全に歌いこなさない、背伸び感がとてもよい。

Okey Dokey Do It (2018)

Okey Dokey Do it

Okey Dokey Do it

 

沢口けいこさん、鷲崎健さん、青木佑磨さんの3人によるオッド・アイというグループのファーストアルバム。こういったアイドルっぽいCDを買うのはほとんど初めてかも。鷲崎健さんが参加しているっていうアルバムだからって買ったんですけど、思いの外(失礼)良かったので紹介します。

このアルバムの主役である沢口けいこさんはもともとprediaなるアイドルグループにいるんですけど、グループ内の”パセリーズ”(命名鷲崎さん)の一人だったとのこと。

そんなパセリーズの一人が歌うアイドルソングは妙な親しみを感じます。完全に歌を掌握して制御下においているんじゃなくて、どこか背伸びしているような歌い方をされているからでしょうか。つま先立ちしているような歌い方が実に可愛らしいです。

 

収録曲とおすすめ曲

Okey Dokey Do it

Okey Dokey Do it

 

季節は限られてしまいますが”Catch Cold Christmas”がお気に入りです。「せっかくアイドルソングを歌ってもらうんだからクリスマスソングを」ってことで鷲崎さんは作曲されたとラジオで語っています。愛がありますね。

カバーソングにはなるのですが、やっぱり好きなのが”ヤーヨは二人のあいことば”。もともとは鷲崎さんが相方の伊福部崇さんと付き合っている女性だったらこんな歌をうたうんじゃないか?っていう相応をして書いたうたです。女性が歌うともっと生々しくなるのかと思いきや、可愛らしく仕上がっています。なお、歌詞の中に伊福部さんの名前「たかし」が隠されているので注意して聞いて探してみてください。

  1. ヒトツメの恋
  2. Hot Shot
  3. Sweet My Soul
  4. アブラカタブラ
  5. ヤーヨは二人のあいことば
  6. パオパオ
  7. radio! radio! radio!
  8. Catch Cold Chirstmas
  9. ディスコ・ディテクティブ〜水曜日の探偵〜
  10. 24時からのシンデレラ
  11. 全部、好き
  12. ときめきシンフォニー

自身が「飯の歌を作ると名曲になる」とイベントで豪語していた”パオパオ”も確かに良曲。複雑なリズムをデュエットで歌っています。やや鷲崎さんの歌い方に引っ張られ気味かも。

アルバム最初を飾る”ヒトツメの恋”って曲は鷲崎さんと沢口さんが「オッド・アイってアイドル名いいよね」って発言してからの翌日に青木さんが「こんな曲書いてきました!」ってできた曲とのこと。

Okey Dokey Do ItをAmazonで!

邦楽に弱いamazon musicでは残念ながら聴き放題サービスの中にOkey Dokey Do itは入っていません。アニメソングレーベルの音楽はほとんど定額聴き放題サービスから除外されているので仕方ないかもしれませんね…

やっぱり、鷲崎さんの楽曲はほとんどの定額聴き放題サービスには含まれていません。配信されてれるよって聞いたところがありません。鷲崎さんの言を借りれば「なめんなよ、インディーズの予算」ってことなんでしょうか。

このアルバムがリリースされて直後のラジオ番組では、アルバム制作の裏話やオッド・アイというグループの成り立ちなんかも語られていたので、興味のある人はこのラジオ番組を聞いてみてはいかがでしょうか?ラジオ番組なのに動画がついていますよ。 

Okey Dokey Do it

Okey Dokey Do it

 

 www.nicovideo.jp