NENZOP

言葉にしないと伝わらない。文字にしないと残らない。

【長距離走・マラソン向け】快適に走るための服装とは?ちょっとの工夫で劇的にランが変わる!

Sponsored Link

f:id:Ziddorie:20170804222552j:plain

長距離やマラソンを走るときは軽さや通気性と一緒に体の動きをサポートしてくれるような働きがあるとすごく快適です。私が10km以上走る時に必ず着るようにしている服装を紹介していきます。

 

ほとんどチート!コンプレッションタイツ

長距離を走るのに不安があるのならコンプレッションタイツを買うのがいいでしょう。これを着ているだけで安心感が違います。
 
安価なものなら5千円程度から手に入ります。
でも、高機能を求めるのならワコールのCW-Xシリーズがいいでしょう。感覚的には着るテーピング。このシリーズにはいくつかバリエーションがあります。その中でもマラソンにおすすめするのが「スタビライクスモデル」です!
 
このスタビライクスモデルは膝や腰を長時間サポートするように設計されており、長距離走やマラソンにはもってこいですね。
 
次におすすめなのがジェネレーターモデル。
こちらは履いてみたことは無いのですが、スムーズに足を運ぶ(動かす)ように設計されており、スピードを求める人には向いているかもしれません。ただ、初心者や長距離に走り慣れていない人は足が回りすぎてバテに繋がりかねないので、最初はスタビライクスモデルをおすすめします。
 

意外に効果大!ランニングソックス

縁の下の力持ち的な存在がこのランニングソックスです。今まではユニクロなんかの適当な(失礼)ソックスを走っていたのですが、ランニングソックスを使ってからはもう、これしか無い!ってくらいに気に入っています。
 
ランニングソックスは足裏のアーチを補強するようにできていて、長時間走っていても足裏の痛みが出にくくなっています。もちろんタイムにもいい影響をもたらしますし、勝手損はないでしょう。
 
なお、ランニングソックスには二種類のタイプが合って普通の靴下タイプと五本指ソックスタイプです。私は脱ぎ履きの落差から普通の靴下タイプを使っています。ショップの店員さんいわく「普通の靴下タイプの方がアーチの保持力が高い」とのことでした。
一方の五本指ソックスはアーチの保持力が若干弱いのですが、指先がより踏ん張れて強い蹴り出しができるように感じます。足の指の爪が干渉するようだったら五本指ソックスタイプの方がいいでしょう。
 

後に響くぞ!日焼け対策

最後に日焼け対策グッズです。夜に走るのなら問題ないかもしれませんが、太陽が出ている時間に走るのなら絶対に必要です。足はコンプレッションタイツを履くのでカバーできます。腕はアームカバーを使いましょう。
(パールイズミ)PEARL IZUMI 401 コールドブラックアームカバー 401 2 ブラック L

(パールイズミ)PEARL IZUMI 401 コールドブラックアームカバー 401 2 ブラック L

 
 
当然、帽子もかぶったほうがいいです。あまりツバの短いランニングキャップだと頬や鼻だけが焼けてしまうので、大きめのツバを持つランニングキャップを選んだほうが無難でしょう。
一度日焼けしてしまうと日焼けの回復にも体力が使われてしまうので、いつまでも疲れが抜けなかったり、走った後すごくぐったりしてしまいます。
 
あとはアイウェア…となるのですが、私はあまり使いません。というのも汗がなかなか流れないので不快に感じるからです。自転車用のアイウェアを流用しているからかもしれませんが、通気性の良いデザインのものだと使っていて快適なのかもしれません。
 

ちょっとの工夫で大きな効果!

コンプレッションタイツを使うとかラン専用の靴下を履くとかで、一気にランニングが快適になり、タイムにも磨きがかかります。日焼け対策をしておくと回復もしやすく、1週間のランの回数を増やせますよ。
 
いつものランにちょっと工夫を加えるだけで、楽に走れたり、タイムが良くなったりするってすごいお得じゃないですか?確かにコンプレッションタイツは安いものではありませんが、タイムは金で買えという金言を体現しているともいえますね。