NENZOP

言葉にしないと伝わらない。文字にしないと残らない。

【Sony WF-SP700N】全部入りの左右分離ワイヤレスイヤホンをレビュー!

Sponsored Link

f:id:Ziddorie:20180429164457j:plain

左右分離型・防滴・ノイズキャンセリング

迷ったらこれでいいんじゃないかな?

  • これはなに:全部入り完全ワイヤレスイヤホン
  • おねだん:24,710円(amazon)
  • 好きな所:今使える機能が全部入り、4色のカラバリ
  • 嫌いな所:遅延、遅延&遅延

2018年1月に発表されてから、すごくワクワクしながら発売を待っていたこのイヤホン。ついに4月末に発売されました!速攻でポチってここ数日間使ってみてのレビューをお届けします!

 

なんでこのWF-SP700Nが欲しくなったか?っていうと完全ワイヤレスの左右分離型のイヤホンなのに、機能がすごく充実しているからなんですよね。

 

まずノイズキャンセリング。でっかいヘッドフォンタイプなら搭載されている製品もありますけど、左右分離型タイプのイヤホンでノイズキャンセリングが搭載されているのはかなりのレアモノです。しかもこのノイズキャンセリング、3種類のモードがあってシーンによって使い分けが出来ます。

 

次に防滴仕様。ジョギングして汗がついたり、急な雨なんかで水滴が飛んできたりってときも安心のIPX4相当の防滴対応しています。IPX4ってどんなの?っていうと、水しぶきに対して保護されますよってレベル。水没したり、水流に晒したりするのはNGですのでお気をつけを。

 

完全ワイヤレスの左右分離型、ノイズキャンセリング、防滴仕様という入手できるすべての機能をぶち込んだこのWF-SP700N!これは買うしかねぇ!ってことで発売日に購入してきました。

 

パッケージ&同梱品とか

f:id:Ziddorie:20180429155256j:plain

アマゾンから届いたのがこのパッケージ。結構大きいのでイヤホン本体もデカいのでは…?とちょっと心配に…表をパカっと空けるとすぐに製品にアクセスできます。

 

蓋を開けてみると本体のパッケージからの取り出し方と簡単な取扱説明書が出てきます。「パッケージからの取り外し方…?」とちょっと怪訝に思いましたけど、実際に引きずり立とうとすると「えっ!?全然外れない!?」ってくらいにはガチガチに固められていました。ギチギチ。

f:id:Ziddorie:20180429155811j:plain

あとフィット感を増すためのシリコン製の羽根の取り付け方向なんかも記載されています。確かに混乱しそうな形をしていますよね…「こんな羽根は不要だ!」って人には邪魔なだけかもしれませんが、実際この羽根があるとフィット感が格段に向上するので付けておいたほうがよいでしょう。

 

f:id:Ziddorie:20180429160238j:plain

次に簡単なインストラクション。左右のイヤホンで機能が違います。音楽の再生停止は右側のイヤホンのボタン。ノイズキャンセリングの設定は左側のイヤホンのボタン。このインストラクションだけ読めば大体の使い方はわかります。

 

f:id:Ziddorie:20180429160543j:plain

同梱品はこちら。イヤーピースのサイズごとのスペアとシリコンの羽根。そして無限に増え続けるマイクロUSBケーブルが付属しています。あと、詳細なインストラクションが入っていますが結局一度も読みませんでした…

 

小型で軽い!本体! 

で!ですよ!本体!機能全部入りのイヤホンだから結構デカいんじゃない?って思ってたんですけど、いい意味で裏切られました。ちっちゃいんです!コロンとした形が大きさを小さく感じさせているのかもしれません。

f:id:Ziddorie:20180429161336j:plain

大きさのイメージとしては人差し指の先よりちょっと大きいくらい。重さも8gと非常に軽量なので「ほんとに中身詰まってる?」ってちょっと不安に感じるくらいの軽さで、イヤホンを付けていてもほとんど気になりません。

f:id:Ziddorie:20180429161831j:plain

 

収納ケース兼充電ケースはこのようなサイズ感。こちらもかなり小さくて男性の手のひらにすっぽりと収まるサイズです。カバンの中に入れても邪魔にならないサイズがうれしいですね。

f:id:Ziddorie:20180429162030j:plain

 

ただし厚みは結構あります。ポケットに入れるとかなりの存在感を放つことでしょう。

f:id:Ziddorie:20180429162241j:plain

 

イヤホンをケースに入れることで充電されます。丸いマイク部分が赤く光って充電されていることがわかります。なお、この充電ケースの蓋は左右に回転するように開くので、右手でも左手でも操作しやすいデザインになっています。

f:id:Ziddorie:20180429162520j:plain

 

ペアリング・使用感

www.sony.jp

ペアリングやイヤホンの設定はSony Headphones Connectから行うことをおすすめします。Sonyのイヤホン専用のセッティングアプリです。アプリに従い、電源ボタンを長押しすることで簡単にペアリングが完了しました。ではさっそく音楽を!と思ったのですが、付けてみてびっくりしたのがノイズキャンセリングの性能。

 

流石にヘッドフォンタイプほどの性能は無いにせよ、外界から切り離されたような感覚すら伴う静けさを感じます。特に電車や地下鉄などの「ゴォォー」っていう音や冷蔵庫の「ブゥーン」みたいな音はほぼ完全にシャットアウトしてくれます。

 

音声取り込みモードにしてみると多少キャンセリング機能が弱くなった気がします。確かに音声は聞こえるようになるのですが、外音はより聞こえるようになります。弱めのノイズキャンセリングといったところでしょうか。

 

最後に外音取り込みモードを試します。これは外音を積極的に取り込みます。確かに外の音がよく聞こえます。風の日とかにこのモードを試すと普段以上に風の音を拾うようで音楽どころの騒ぎではなくなってしまいます。ビュンビュン。

 

シリコンの羽根のおかげで激しく頭を振ってもイヤホンが外れる気配すらありません。ジョギングくらいの動きでは外れる心配は無いでしょう。ただし足音をよく拾ってしまうので、完全に無音というわけにはいきませんでした。

 

f:id:Ziddorie:20180429164618j:plain

音質についてですが、値段相応…といったところでしょうか。普通の2万円台イヤホンと比べたらきっと聴き劣りするものでしょうが、左右完全ワイヤレスでこの音質は十分んすぎるほどでしょう。個人的にbeat Xよりも細かい音が聞こえて気に入っています。

 

接続性ですが、ケースからイヤホンを取り出すだけでペアリングします。家の中や道を歩く分には全く問題ありません。ただしコンビニの電子レンジが動いたりするとプツプツ途切れてしまいます。駅や交差点では途切れることはありませんでしたが、家電量販店などでは途切れてしまうでしょう。

 

操作性に関しては及第点といった所。音楽の一時停止や再生再開をできるのは便利。でも音量調整ボタンが無いのが不便ですね。ノイズキャンセリングの設定変更も左耳のボタンで出来るんですが、設定変更までに結構なラグがあるので、音楽再生中は触んないほうが良いでしょう。

 

バッテリーは公証3時間持つということでしたが、概ね間違いないという印象です。ノイズキャンセリングの設定をいじりまくっていたら2.5時間ほどでLow Batteryの警告が来ましたが、静かに音楽を聞く分には3時間は持つのではないでしょうか。

 

おい、遅延…

f:id:Ziddorie:20180429165634j:plain

ここまで良いことばかり書いてきましたが、致命的と言えるほどの弱点がこのイヤホンにあります。それが「遅延」です。ちょっとシャレにならないくらい遅延します。体感1秒ほどの遅延が発生しちゃうので、音ゲーはもちろん、動画鑑賞には全く向きません。

 

この辺はWF-1000xのようにファームウェアアップデートで対応してくれないのでしょうか…正直この価格でこの遅延は想定外。動画を見てみるといっこく堂の腹話術並に遅延するので動画を見るだけでも不自然さをバリバリに感じちゃいます。

 

おい、遅延…

 

ゲームや動画が対象外なら最適解

もし音ゲーや動画をよく見るのであれば、このイヤホンは向きません。回れ右して有線のイヤホンを買いましょう。このイヤホンの半分以下の値段で素晴らしいイヤホンは世にあふれています。おすすめはShure SE215。失敗してもやけどしない値段です。

 

でもゲームも動画もあんまりみないし、するとしたら専用の有線イヤホンを持ってるよ!って人ならこのイヤホンはおすすめです。ジョギングしたり、ジムトレーニングするときなんかは、ほんとに便利。

 

初の左右分離型のワイヤレスイヤホンだったのですが、こんなに快適だったのか!とちょっと感動すら覚えています。遅延や電池持ちなんかに不満が無いわけではないですが、ノイズキャンセリングつきの防滴仕様の完全ワイヤレスの左右分離型イヤホンって今はこれしかないわけですから!

 

エッジの効いた製品ですが、使うシーンさえ間違えなければ「買ってよかった!」と自信を持って言える製品なのでワイヤレスイヤホンを探している人はこちらの製品を検討してみてはいかがでしょうか!?