NENZOP

言葉にしないと伝わらない。文字にしないと残らない。

安いものからワイヤレスまでShureイヤホンのリケーブル商品をまとめてみた!

Sponsored Link

f:id:Ziddorie:20171108221154j:plain

イヤホンが使えなくなる理由No1は断線。でもShureシリーズにはMMCXコネクターが使われているのでケーブルを付け替えることが簡単に出来るんです!今回はそんなShureリケーブルに使えるケーブルたちを紹介していきますよ!

Shureイヤホンは非常に丈夫!

SHURE イヤホン SEシリーズ SE215 カナル型 高遮音性 ブラック SE215-K-J 【国内正規品】

SHURE イヤホン SEシリーズ SE215 カナル型 高遮音性 ブラック SE215-K-J 【国内正規品】

 

私はShure SE215をもう何年も使っています。なにせ消費税が8%になるってことで急いで購入したのを覚えているくらいですから。つまり3年以上使っている計算になります。

 

でも全然壊れたりって事はありませんでした。イヤホンとのコネクタ部分も非常に丈夫にできていてちょっとやそっとでは外れないし、壊れないような素材になっています。

 

その分、壊れやすいのがケーブル。イヤホンケーブルは3回ほど交換しました…片耳からだけ聞こえなくなったりと、やはり壊れやすいのはケーブルなようです。

 

でもイヤホンを買い換えるのは結構な出費ですよね。でもリケーブルなら数千円で新品同様に復活できるんです!それでは色々なリケーブル商品を見ていきましょう!

 

圧倒的安心感な純正ケーブル

 やっぱり最初は純正のリケーブルではないでしょうか?

 

以前は8,000円近い金額を取られていましたが、最近は3,000円程度とかなり購入しやすくなりました。

 

しかもリモートスイッチとマイクが付いて曲送りや通話が可能なのはとても便利ですよね。

 

以前は純正ケーブルは値段の面から敬遠していましたが、3,000円台の価格なら検討できる人も多いのではないでしょうか?

 

ワイヤレス化するならこれ!

Shureを使い続けたいけど、有線が嫌…って人にはこれ以上ないってくらいの朗報でしょう。

 

Shureから純正のワイヤレスイヤホンが出ました。でも、すでにShureのイヤホン持ってるし…って人にも使えるワイヤレス化できるリケーブルが発売されています。

 

Bluetooth接続で約8時間の連続再生が可能なバッテリーライフを実現しています。

 

価格が13,000円と結構なお値段がするのがネックでしょうか…

 

安価にワイヤレス化したいならこれ!

 ワイヤレスしたいけど、値段が…って人におすすめなのがこのDD4Cのリケーブルセットです。

 

連続再生時間が4時間と短めになっているのですが、お値段堂々の2,100円!

 

この価格なら多少のアラなら大目に見れるってもんじゃないでしょうか?

 

有線で良いならこれがおすすめ!

無線ってバッテリーライフを気にしないといけないってのがストレスですよね。僕もワイヤレスイヤホンといざという時の有線イヤホンを持ち歩いています。

 

Shureシリーズで有線リケーブルセットならwooeasyがおすすめです。何と言っても激安!以前紹介したG&Vのリケーブルセットより安い1,500円以下で購入できます。

 

その分耳の後ろに沿わせるようの針金は省略されていますが、私にとってはこちらのほうが好みです。

 

針金が入っているタイプのケーブルはどうしても針金とそうでない部分のつなぎ目からボロボロになっていくんですよね…

 

純正リケーブルセットも針金部分が折れたり壊れたりして寿命を迎えることが多いので一度柔らかいケーブルを使ってみるのも良いのではないでしょうか?

 

とにかく安く!ならこれ!!

 とにかく安いものが欲しい!って人にはこのリケーブルセットがおすすめです。

 

お値段約1,000円!amazonプライムを利用したいならこの値段が最安です。もし送料を払ってもいいのなら、500円台からのリケーブルセットもあります。

ただし、送料がかかるので結局1,000円程度の価格になってしまうかも知れません。

 

安いからと言ってすぐ壊れるということもなく、1年位は十分持ちました。

 

でも被膜の劣化が激しく、半年くらいでボロボロになってしまいました。見た目を度外視できるのならコスパ最強のリケーブルセットでしょう。

 

イヤーチップは純正がおすすめ!

リケーブルを非純正のものを使っても、音質が劇的に変化したってのはわかりませんでした。

 

これは僕の耳が安物ってのもあるかもしれませんが、結局音を鳴らすのはイヤホン本体なので、ケーブルの材質が音質に与える影響はそこまで大きくは無いのかもしれません。

 

でもこだわって置いたほうが良いってのがイヤーチップですね。イヤーチップはイヤホンと耳介とのインタフェースなので良いものを使ったほうが幸福度がアップします。

 

おすすめなのがトリプルフランジですね。

レビュー記事↓ 

www.nenzop.net

ノイズキャンセリングがなくてもバッチリ外界の音をシャットアウトしてくれます。

 

僕はベースの練習にトリプルフランジを取り付けたイヤホンを使っていますが、手元で鳴るベースの生音すら聞こえなくなるくらいの遮音性を持っています。

 

良いイヤホンは末永くお付き合いしたいですよね。そんな需要に答えるリケーブルセットとイヤーチップ。

 

もし断線した時はぜひリケーブルを検討してみてくださいね!