NENZOP

言葉にしないと伝わらない。文字にしないと残らない。

【レビュー】ほぼ日手帳Weeks 2018年版を購入しました!

Sponsored Link

f:id:Ziddorie:20171106212922j:plain

来年の手帳を買うといよいよ年が変わるなぁ…って感じがしませんか?僕は11月に入ると来年の手帳を買います。今年も3年連続になりますがほぼ日手帳Weeksを購入しました。

ちょうどいい大きさの手帳はWeeks

僕は昔ほぼ日手帳の無印を使っていたのですが、どうしても大きすぎて日々持ち歩くにはちょっと抵抗がありました。

 

もちろん無印のほぼ日手帳も良い手帳です。僕は研究ノートとして日々の気づきをまとめる手帳として使っていました。

 

でも毎日のスケジュールをまとめるとなると1週間の予定をパパっと確認できるほぼ日手帳Weeksは社会人になってピッタリの存在となりました。

 

内ポケットやパンツのポケットにも入るサイズは非常に持ち運びしやすい、ちょうどいい大きさと薄さの手帳はほぼ日手帳Weeksだと思いますよ!

 

やっぱり薄い紙…

f:id:Ziddorie:20171106213648j:plain

薄さと小ささの犠牲になるのは紙質です。やっぱり薄くて裏が透けるレベルのペラッペラ感です。

 

上の写真のようにページ裏の文字が透けて見えてしまっています。これが結構気になる所でページが若干にじんだ感じになってしまいます。

 

フリクションなどの摩擦で文字を透明化するボールペンなどをゴシゴシやると確実に紙が痛みます。最悪ページが破れます。残念ながらほぼ日手帳でフリクションを使いたいのであれば下敷きを購入しましょう。

 

下敷きを使っていても紙がびろ〜んとなってしまうのでフリクションを使うのは、あまりおすすめしませんが… 

【Amazon限定】ほぼ日手帳 weeks 下敷き&クリアカバーセット 手帳アクセサリー
 

 

ちょっとしたところに遊び心

f:id:Ziddorie:20171106214602j:plain

紙質の問題がありますが、ほぼ日手帳を使いたい理由がほぼ日手帳にはあります。それがほぼ日手帳にある遊び心です。

 

去年のレビュー記事では遊び心を「余白」と表現していたのですが、ほぼ日手帳には遊び心が溢れているんじゃないかな?って思うようになりました。

 

たとえば表紙を開いた直後のこのページ。HOBOの文字がきれいに並んでいてきれいですよね。で、後表紙を開くとこれ。

 

f:id:Ziddorie:20171106214739j:plain

 

いかがでしょうか?気づきましたか?こういった遊び心を忘れないのがほぼ日手帳から離れられない理由の一つかもしれません。

 

充実のおまけページ

f:id:Ziddorie:20171106215037j:plain

遊び心は他にも発揮されています。例えば外国人とのちょっとしたおしゃべりのページや全国各地のソウルフード一覧など「それいる?」ってくらいの情報がおまけとして散りばめられています。

 

もちろん便利な情報も載っていますよ。全国主要都市の路線図や単位変換表などもしっかりとカバーしてくれています。

 

さようなら2017年…

ほぼ日手帳には小さな冊子がついてきます。それがこれ。

f:id:Ziddorie:20171106215309j:plain

この冊子にはほぼ日手帳の使い方なんて載っていません。ただ、こんな風に使うのもありなんじゃない?ってことが書いてあります。

 

そしてこの冊子にはこんなことが書かれています。

誰かに見せたくなるような

誰にも見せたくなくなるような

 

そんな手帳になりますように。

 なるほど、きっとこの手帳はそういう使い方をされたくて考えられた手帳なんだな。って妙に納得してしまう一言です。

 

もし来年の手帳を選んでいるのなら、ぜひほぼ日手帳Weeksを候補に入れてみてはいかがでしょうか?

ほぼ日手帳 2018 weeks カラーズ/コーラルピンク  1月始まり ウィークリー

ほぼ日手帳 2018 weeks カラーズ/コーラルピンク 1月始まり ウィークリー

 

 

そしてさようなら2017年版のほぼ日手帳weeks…ボロボロになるまで頑張ってくれてありがとう!

f:id:Ziddorie:20171106215710j:plain