NENZOP

言葉にしないと伝わらない。文字にしないと残らない。

サードパーティ製でも大丈夫!apple watchのおすすめバンドたち!

Sponsored Link

f:id:Ziddorie:20170619231848j:plain

apple watchを購入して次に買ったのが交換バンドです。でも純正の交換バンドって超高いです。純正のHERMESバンドは4万円とかします。ちょっと高すぎですよね。だからサードパーティ製のものを購入しました。

バンド交換前にちょっと注意!

私だけかもしれませんが、バンドの裏と表を間違えてしまうことが時々あります。バンドの表と裏を取り違えるしまうと最悪バンドを壊してしまいます。そうならないためにもバンドの裏表をちゃんと確認しておきましょう。

 

表面(文字盤側)はこのように3つのゴムっぽい素材が配置されています。逆に裏表は真ん中の部分が金具だったり、ゴムじゃない素材が配置されています。

こっちが表側で、

f:id:Ziddorie:20170625212017j:plain

こっちが裏側です。

f:id:Ziddorie:20170625212122j:plain

一度この裏表を逆側につけてしまって大変なことになったことがあるのでそこだけご注意です。

 

また、サードパーティ製のバンドはapple watch本体とバンドの間に隙間ができがちです。ここは製品の精度が顕著に出てくるようで、使っていて落っこちたりすることはないのですが、気になる人超気になると思います。

f:id:Ziddorie:20170625212327j:plain

 

No1.ミラネーゼループっぽいバンド!

これは本当に買ってよかった!と言えるバンドです。メタルで組み上げられているのにすごくしなやかで肌触りもいいです。装着がちょっとだけ面倒ですが、サイズの調整なんかはすごく楽で、ちょっとキツめに巻いたり緩めに巻いたりがとても簡単にできます。

 

No2.Nikeスポーツっぽいバンド!

最初に購入したapple watchの付属バンドだったので私が使用しているのは純正品です。とは言えサードパーティ製とくらべてそんなに差はないと思います。ジョギングのときは必ずこのバンドを付けています。しなやかで、裏表がわかりやすく蒸れたりしなくて快適です。

 

No3.レザーループっぽいバンド!

これはちょっと安っぽい感が否めない…値段も値段だったのでしょうがないかもしれませんが…そういうのを差し引いてもちょっと残念感が否めないバンドでした。でも装着感のしやすさは良好です。

 

No4.リンクブレスレットっぽいバンド!

こちらはそこまで安っぽくありませんが、ちょっと重いです。結構重たいのに加え、手首への調整が難しいです。手首のサイズに依存するのですが、ちょっと大きかったりちょっと小さかったり…1コマがちょっと大きいのでなかなかぴったりになってくれませんでした。

 

No5.ウーブナイロンっぽいバンド!

最後に紹介するのがこのウーブナイロンっぽいバンドです。どちらかと言うとNATOバンドっぽいですが…スポーツ時にはさっと洗い流せるゴムっぽい素材のバンドがいいのですが、暑い夏場につけておくのはこういったナイロン素材のバンドのほうがいいと思いますよ。

 

常に付けておくものだから…

過去にFitbitを使っていたのでわかるのですが、apple watchはある意味ずっと付けていて意味のあるものです。睡眠時間のトラッキングや心拍数の移り変わりなど、四六時中付けていることで心拍数の変化や消費カロリーの変化に気づけるってもんです。

 

でも眠っている時の姿と同じ姿で仕事に行けないですよね?それと同じでバンドもTPOに応じて付け替えると気持ちの入れ替えって言うか、仕事モードとプライベートモードが切り替えられる様な気がして私は好きです。

 

apple watchを買った人は保護フィルムなんか買ってないで新しいバンドを買ったほうがきっと幸せになれますよ!