NENZOP

言葉にしないと伝わらない。文字にしないと残らない。

Google Adsenseのお手紙が届かない…しかもお手紙がちょっと変わってた?

Sponsored Link

Google Adsenseの収益には2つのステップがあります。
1つが1,000円の壁、もう1つが8,000円の壁です。

広告収入が1,000円を超えると支払いのための住所確認のお手紙が送られてきます。
そんなお手紙について今回は紹介していきます。

全然届かない手紙なのに超大事な手紙

先にも書いたように広告収入が1,000円を超えた時点でGoogleからお手紙が送られてきて住所の確認をしなければなりません。
Googleからのお手紙には7桁のPINコードが書いてあってそのPINコードを入力しないと、住所の確認が取れないということで6ヶ月後には広告の配信が停止してしまうという仕様になっています。

お手紙の発送のお知らせは広告収入が1,000円を超えた瞬間に行われるようで、Google Adsenseのホーム画面にお知らせが表示されます。
ですが、このお手紙が全然届かない。
結構な時間をヤキモキして過ごすことになります。

地域にもよるのですが3週間から1ヶ月はかかると思っておきましょう。

全然届かないじゃん!お手紙を再送付してもらおう!と申請したタイミングでお手紙がきたりするので辛抱強く待ちましょう。
再送付を依頼したしてもらったタイミングで、すでに送付済みのお手紙のPINコードは無効になってしまいます。

これが実際のお手紙だ!

今までのGoogleからのお手紙は紙を二つ折りにして3つの辺をノリでとめただけというシンプルなものだったようです。
紙を歪めると中身が見えてしまうという、なかなかにセキュリティにチャレンジした仕様になっていました。

それが最近、少なくとも私が受け取ったGoogleからのお手紙はセキュリティ的には向上しているものでした。

それがこのお手紙です!

f:id:Ziddorie:20160710205205j:plain


今回のお手紙は3つの辺がミシン目になっており、ビリビリしないと中身のPINコードが見えないようになっています。

f:id:Ziddorie:20160710205304j:plain

ちなみに発信元の地域は台湾は台北のようです。
先にあげた写真の裏側です。こちらの面には私の住所が書かれています。

f:id:Ziddorie:20160710205425j:plain

気になるお手紙の中身は?!

Googleからのお手紙の中身はシンプルに1ページです。
PINコードが書かれていて、その認証方法がテキストで紹介されているだけなので面白みはありませんね。
私のPINコードはBICライターで隠してあります。

f:id:Ziddorie:20160710205748j:plain
反対側は透かして見られないように、Google謹製の透かし防止の印刷がされています。

f:id:Ziddorie:20160710205931j:plain

次の目標は8千円だ!

このお手紙に書かれているPINコードを入力すると住所の認証がなされます。
このお手紙の送付のタイミングは収益が1,000円を超えた時です。

GoogleAdsenseの収入を受け取るには最低限8,000円の確定収入が必要です。
この確定収入と言うのは普段GoogleAdsenseのアプリやホームページで見られている日々の収入ではなく、月初に確定する金額なので8,000円を超えた瞬間に振り込みが行われるものではないので注意しましょう。

8,000円を超えた時と最初の振り込みを受けるための方法はまた別の記事で紹介していきます。

とにかく、このお手紙を受け取るには結構時間がかかるので1ヶ月は待ってみる心持ちで気長に待っておきましょう。