NENZOP

言葉にしないと伝わらない。文字にしないと残らない。

【ジャグリング】ヨーヨーとオイオイのやり方!【ボール】

Sponsored Link

f:id:Ziddorie:20171023231825j:plain

ボールジャグリングではトスやキャッチ系のトリック以外にマイム系のトリックもあります。今回はマイム系トリックの基本的なヨーヨーとオイオイについて紹介していきますよ!

マイム系トリックの基本!

マイム系トリックというのはボールを投げずに、ボールを手に持ったまま動かすトリックです。

 

それってジャグリングなの?って感じですが、きちんとしたトリックです。しかも他のトリックと比べて不思議な雰囲気をかもす事ができるトリックなんです!

 

それではマイム系のトリックの基本中の基本、ヨーヨーとオイオイをさっそく練習してみましょう!

 

マイム系のトリックの前に…

マイム系のトリックを練習する前にマスターすべきトリックが2つあります。

 

それが2イン1ハンドのコラムと1アップ2アップです。

www.nenzop.net

 

2イン1ハンドのコラムってこんなトリック。

f:id:Ziddorie:20171001181726g:plain

Tutorial - How to Juggle 2 Balls in 1 Hand - YouTube

次にマスターすべきトリックが1アップ2アップです。

f:id:Ziddorie:20171009173117g:plain

3 ball juggling 1up 2up / columns - YouTube

この2つのトリックが安定してできるようになるまでは、マイム系のトリックは出来ません。

マイム系のトリックはそんなに簡単なトリックではないので、どっしりと腰を据えて取り組みましょう!

 

これがヨーヨーだ!

まずはヨーヨーというトリックを確認してみましょう。

f:id:Ziddorie:20180116214328g:plain

Tutorial, The YoYo 3-ball juggling trick - YouTube

ボールがボールの上をウロウロしていて物理的にありえない動きをしていますよね。

 

不思議な雰囲気があるトリックですが、簡単そうな見た目に反してきれいに見せるにはしっかりとした練習が必要です。

まずはボール2つから練習してみましょう!

 

ボールの高さと速度を合わせよう!

ヨーヨーをきれいに見せるには実際に投げているボールと手に持っているボールの動きの速さと高さを合わせることです。

 

ボールを動かす速さが遅すぎても速すぎてもヨーヨーはきれいに見えません。遅いとボールとボールが空中衝突しますし、速すぎるとボールがバラバラに動いて見えてしまします。

 

ヨーヨーの極意は2つのボールがペアになって動いているように見せるかなのでボールの高さと速度を合わせるようにしましょう。

 

ヨーヨーの練習に有効なのがボール2つでのヨーヨーです。右手はボールを投げるだけ。左手はそのボールを追いかけるだけ。というシンプルな練習です。ボールとボールがまるで棒でつながっているようなシンクロした動きを意識しましょう。

f:id:Ziddorie:20180116215133g:plain

Tutorial, The YoYo 3-ball juggling trick - YouTube

 この動きの感覚をつかんだらボール3つで練習しましょう。

 

ヨーヨーの動きは一見複雑に見えますがやっていることは右手で2イン1ハンドのコラムと左手の上下運動です。落ち着いてトリックを仕上げましょう。

 

ヨーヨーのバリエーション!

ヨーヨーにはバリエーションがあります。それがボールを押し上げるような動きをするオイオイです。

f:id:Ziddorie:20180116215725g:plain

Tutorial, The YoYo 3-ball juggling trick - YouTube

ヨーヨー(YOYO)の逆の動きをするのでオイオイ(OYOY)です。

 

他にも手で持っているボールを真横に動かしたり、空中でとめてみたり、揺らしてみたり、2イン1ハンドの内回りにヨーヨーをしてみたりと応用の範囲が非常に広いトリックです。

 

そして何よりもマイム系のトリックはお客さん受けが良いというメリットを持っています。大人でも「あれ?変な動きしてる?!あっ!手で持ってるだけじゃん!」と一瞬だ騙されて、よく見ると気づくというストーリー性をもたせることが出来るのが何よりの強みですね。

 

簡単なトリックではないですが、マスターして損はないトリックなのでぜひ練習してみてくださいね!