NENZOP

言葉にしないと伝わらない。文字にしないと残らない。

インパクト抜群!ジャグリングのアンダー・ザ・レッグを紹介!

Sponsored Link

f:id:Ziddorie:20171023231825j:plain

ジャグリングで客ウケしやすいダイナミックなトリックがボディースロー系のトリックです。ボティースロー系のトリックでは腕の下や足の下でジャグリングするような派手さがあります。

客ウケ抜群!アンダー・ザ・レッグ!

最初に紹介するボディースローであり、最初に覚えるべきボティースロー系トリックがアンダー・ザ・レッグです。

f:id:Ziddorie:20171023225330g:plain

Juggling Tutorial: Under the Leg & Behind the Back - YouTube

このトリックは足の下からボールを投げるというシンプルなトリックですが、非常にインパクトが残りやすく、客ウケしやすいトリックです。

 

それでは、このアンダー・ザ・レッグのやり方を練習していきましょう!

 

足はしっかり上げよう!

まずは右手で右足下を通すアンダー・ザ・レッグを目指しましょう。まずは投げるだけの練習から始めましょう。

f:id:Ziddorie:20171023222838g:plain

Juggling Tutorial: Under the Leg & Behind the Back - YouTube

コツはしっかりと足をあげる事を意識するところです。足がしっかりと上がっていないと必然的に手を大きく下げないと行けないので、とてもトスしにくくなってしまいます。

 

トスしやすいように体を屈めたり、反らしたりしてもトスミスが発生しやすいです。体幹を意識してまっすぐ直立を保てるように気をつけましょう。

 

また、足をしっかりと上げることができていればお客さんからも「あっ!いまなんかした!」と気づいてもらえます。

 

ボール1つでのアンダー・ザ・レッグが安定したらいよいよボール3つでのアンダー・ザ・レッグを練習しましょう!

 

ワン・ハイ・アップで簡単に!

アンダー・ザ・レッグで失敗しがちなミスが足を上げたり、下げたりするのに時間がかかり、キャッチやトスの時間が稼げずにボールを落としてしまうってことです。

 

こういったミスには対策があります。それが、以前紹介したワン・ハイ・アップです。

www.nenzop.net

 

アンダー・ザ・レッグを実施するボールの1つ後のボールにワン・ハイ・アップを適応することでボールの落下に時間がかかかり、アンダー・ザ・レッグの実行に余裕が出来ます。

f:id:Ziddorie:20171023230841g:plain

Juggling Tutorial: Under the Leg & Behind the Back - YouTube

重要なのが「アンダー・ザ・レッグをやるぞ!」ってボールにワン・ハイ・アップをするのではなく「アンダー・ザ・レッグをやったぞ!」というタイミングでワン・ハイ・アップをやることです。

 

要は足を上げ始めるタイミングでトスするボール、右足でアンダー・ザ・レッグをやるなら左手でトスするボールにワン・ハイ・アップをするってことです。

 

アンダー・ザ・レッグが成功するか否かは足上げと下げをいかに素早く安定して行えるかです。その時間を稼げるワン・ハイ・アップを挟むことでアンダー・ザ・レッグの成功率がぐっとあがります。

 

アンダー・ザ・レッグのバリエーション!

今回動画で紹介したのが右手右足のアンダー・ザ・レッグです。アンダー・ザ・レッグにはこれを含め4種類のバリエーションがあります。

 

一番簡単なのが利き手側の手足を使ったアンダー・ザ・レッグです。右利きなら右手右足のアンダー・ザ・レッグです。難易度は上がりますが左手左足のアンダー・ザ・レッグも可能です。

 

半身になるようにすれば右手左足・左手右足の体をひねったようなアンダー・ザ・レッグもバリエーションとして存在します。

 

おすすめなのが右手右足と左手左足のアンダー・ザ・レッグを連続して繰り返すというトリックです。難易度は非常に高いですが、まるで走っているような動作を演出でき、インパクトは絶大です。

f:id:Ziddorie:20171023232602g:plain

Basic Three Ball Juggling Tricks : Under The Leg Juggling Trick - YouTube

 

客ウケが良いのでぜひマスターしよう!

アンダー・ザ・レッグは難易度は高めですが、一度マスターすれば比較的実施しやすいトリックでもあります。

 

アンダー・ザ・レッグに限らずボディースロー系のトリックは見た目のインパクトがあり、「ここぞ!」ってときに見せると拍手が必ず貰えるほど使えるトリックです。

 

ジャグリングを始めて1週間くらいでは挑戦すら難しいトリックですが、1ヶ月も続けていればマスターできるトリックですので、もしオン・ステージを目指すのであれば確実に自分の物にしておきたいトリックです。