NENZOP

言葉にしないと伝わらない。文字にしないと残らない。

見た目のインパクトが抜群な1アップ2アップを紹介!

Sponsored Link

f:id:Ziddorie:20171009171544j:plain

これまで紹介してきたジャグリングのトリックは基本的なものでしたので、ちょっと見た目は地味だったかもしれませんね。でも、今回紹介するのは見た目にも特徴的でインパクトのある1アップ2アップを紹介していきますよ!

まずは2イン1ハンドをマスターしよう!

残念ながら1アップ2アップはいきなり練習することが難しい少々難しいトリックになっています。でも基本的なトリックには変わらないので絶対にマスターできますよ。

 

1アップ2アップの練習に入る前に2イン1ハンドをマスターしておきましょう。これが1アップ2アップの必須トリックです。もちろん2イン1ハンドは両手でマスターしておく必要があるので、じっくりと練習に取り組んでくださいね。

 

2イン1ハンドのやり方はこの記事に詳しく書いてあるので、1アップ2アップの練習に入る前に2イン1ハンドをマスターしておいてくださいね!

www.nenzop.net

これが1アップ2アップだ!

さっそく1アップ2アップをチェックしてみましょう。

 f:id:Ziddorie:20171009173117g:plain

3 ball juggling 1up 2up / columns - YouTube

おぉ!って感じてもらえたらうれしいです。今までのトリックと全く違うボールの起動をしているので見た目にインパクトがありますよね。

 

やっていることを分解してみていくと、右手はコラムの2イン1ハンドを、左手は右手にあわせてボールを投げているだけですね。

 

このトリックの難しい所は右手と左手でボールを扱う間隔がぜんぜん違うってところです。右手は左手の2倍働いているので最初はリズムが崩れてしまうかもしれませんね。最初は2イン1ハンドのコラムが安定するまでは1アップ2アップの練習すら難しいかもしれません。

 

1アップ2アップの練習方法!

ちょっと難易度の高いトリックですので分解して練習することが必要です。何と言っても2イン1ハンドを安定させる事が重要です。できればコラム軌道で練習することが効果的なのですが、難しければ内回りの2イン1ハンドでも十分練習になります。

 

これが理想の練習の軌道です。

f:id:Ziddorie:20171001181726g:plain

Tutorial - How to Juggle 2 Balls in 1 Hand - YouTube

コラム軌道ではボールが空中衝突しないようにしっかりと軌道の分離を意識しましょう。コラム軌道がまだまだ難しい…って人はこちらの軌道で2イン1ハンドの感覚をつかみましょう。

f:id:Ziddorie:20171001181038g:plain

Tutorial - How to Juggle 2 Balls in 1 Hand - YouTube

内回り軌道の2イン1ハンドの方がまだコラム軌道よりやりやすいです。しっかりと内回り軌道が描けるようになってからコラム軌道の練習をするのも全然OKな戦略です。

 

1アップ2アップのバリエーション!

極端な話をしてしまうと1アップ2アップをマスターできたら3分程度のショーならこなせてしまうほどのポテンシャルを秘めたトリックです。

 

というのも、1アップ2アップはバリエーションが非常に豊かで、なおかつボールの軌道がわかりやすいのでお客さんを飽きさせない様な工夫が出来るからです。例えば2イン1ハンドを両手交互にやるとこういったトリックになります。

f:id:Ziddorie:20171009175819g:plain

3 ball juggling 1up 2up / columns - YouTube

やっていることは同じトリックなのにガラッと変わったトリックに見えますよね。他にも1アップ2アップにはマイム系という強力なインパクトを持つトリックがあります。

 

マイム系トリックというのはボールを投げずに手でボールの軌道を再現するっていう技です。例えばこういったマイム系トリックがあります。

f:id:Ziddorie:20171009181729g:plain

Juggling 3 balls 8 easy, simple, & basic tricks all 1up2up by Pazule(Japanese Juggler) - YouTube

忠実にボールの起動をなぞるのもいいですが、物理的にありえない起動、例えば横とか斜めとかにボールを動かしてみるのもインパクトがあって客ウケしやすいトリックでもあります。

 

まずは通常の1アップ2アップを安定させるのが先ですが、慣れてきたらこういった派生系のトリックにチャレンジするのもありでしょう。バリエーションについてはこの動画に詳しいので是非チェックしてみてくださいね!

www.youtube.com

ショーで絶対役立つトリック!

1アップ2アップは通常のカスケードと軌道が大きく異なるので、ジャグリングを見慣れていないお客さんでも「あれ?なんか違うことやってる!」とアピールしやすいトリックです。

 

「なんか違うぞ?」と注目させて先に紹介したバリエーションに展開していくと「なんかすごいことやってる!」と印象をもたせることが出来ます。つまりショーに持って来いなトリックなわけです。

 

特に1アップ2アップで投げるボールの一つを別の色にして、言うこと聞かないわがままボールみたいな設定にしておくと、ストーリー性が持たされて非常に見応えのあるショーになります。

 

ショーに出ても出なくてもこのトリックは非常に有効なトリックですので覚えておいて損はないでしょう。今すぐジャグリング用のボールを用意して練習しましょう!