NENZOP

言葉にしないと伝わらない。文字にしないと残らない。

リアルな数値...素人のブログのPV数推移!

Sponsored Link

f:id:Ziddorie:20160501182957j:plain


ブログを運営していてとても気になるPV数の話。
その目安として1日のPV数というものがあります。
とは言え立ち上げ直後のPV数なんてたかが知れているもの。
今回は姉妹ブログPOZNENの運営の記録と照らしあわせてPV数がどのように推移していったかを見ていきます。

ブログを立ち上げて1日目~1週間

2016年3月1日にブログを一般公開して最初の1日のPVは0でした。
3月3日にPVが2になりました。内1つはスマホの携帯回線から自分のブログを確認したので、実際のPVは1です。
まぁ最初はこんなものです。

時は流れブログが世に出て1週間、この時の合計PVは10PVでした。
都合1日あたりのPVは1.428571428PVですね。
この調子で行けば最初の1ヶ月目で50PVは行ける!と意気込んでいました。

初めて2桁PVを記録した日

初めて10PVを記録した日は3月13日でした。意外と早かったです。
きっとブログをやり慣れている人からしたら10PVなんて新規ブログを公開して1分で獲得できそうなPVですが、POZNENは13日かかりました。
嬉しくて、はてなブログのアクセス解析のグラフをスクショしてしまいました。

f:id:Ziddorie:20160618193724p:plain

1日10PVの次の目標は1日50PVです。
おおくのブログ指南書には1日50PVを獲得できれば上位3割に食い込む事ができると書いてありました。
ブログをやる目的は上位3割になるためではありませんが、PV数が伸びるに越したことはありません。

そして初めて1日50PVを獲得したのは3月28日でした。
実はこの日に100PV/日も達成していました。とても驚いたのを覚えています。
またしてもアクセス解析のグラフをスクショしてしまいました。

f:id:Ziddorie:20160618193521p:plain
しかしながら初めて50PV/日を獲得したからといって、翌日から必ず50PVを保証できるわけではありません。
ときには1日30PVに落ち込むこともありました。
あくまでも初めての1日50PVは瞬間最大風速を記録した、と理解しなければいけません。

でも一度50PV/日を記録したら5日に1回は50PVを超えるようになり、徐々に3日に1回...2日に1回...と周期が短くなってきました。
1日50PVを記録したら次の目標は大台1日100PVです。

100PVを獲得するその日は?

先に書いたように、POZNENが初めて100PV/日を記録したのも3月28日でした。
これも瞬間最大風速的なのりでしたが、やはりうれしいものがあります。
1日100PVをコンスタントに記録できるようになればブログ脱初心者の壁月間3000PVを突破できるようになります。

50PV/日の時と同じく、一回100PV/日を超えたからといって毎日100PVを保証するわけではありませんが、きっかけは大事です。
ブログを立ち上げて最初の目標はここらへんなので100PV/日をコンスタントに記録できるようになれば立ち上げ完了といった感じでしょうか。
飛行機で言うと滑走路を離陸して車輪を格納した段階です。

100PV/日の次は1日何PVが目標?

コンスタントに1日100PVを稼ぐようになったら、後はどんな記事が読まれているかを確認しながら、定期的に記事を投稿していくことを続けましょう。
定期的にと言うのは毎日投稿しろ、というわけではなく3日に1回や5日に1回ペースを崩さずに投稿していけば必ずPVは伸びていきます。

もちろん毎日投稿していけば伸びのペースは速いでしょうが、ブログに費やせる時間も限られているので無理のないペースを設定しましょう。

他の人のブログを見てみると1ヶ月で1万PVになりました!とか3ヶ月目で10万PVです!とか景気のいい話を聞きますが、大体の人はそうなっていないでしょう。
ほとんどのブログが1日50PV以下だということを考えると1ヶ月目で1万PV取れる人なんてごく少数です。

でもPV数が伸びると人に言いたくなるのが人の性ですよね。
だからどうしても目につくのがそういった成功例ばかりになってしまいます。
もしか知らたら自分にブログは向いていないんじゃないか…と思うより人のブログのPVは気にせず気楽に続けて行くことが何よりの成功の秘訣なのかもしれませんね。

蛇足:今のPOZNEN

この記事を公開した6月20日現在のPVは1800/日くらいを推移しています。
ネットの海にぽつんと現れたこのブログがこんなにも多くの人に見られているということは嬉しいながらも気恥ずかしさが滲んでしまいます。

これからも誰かに価値のある記事がかけたらなぁと思いつつ、もうしばらくブログを続けてみようと思っています。